GEOPON


– GEOPONとは?

Googleアプリケーションとの連携において位置情報を活用しイベント会場や店舗への来場・来店データを計測する仕組みです。 任意のページ(サイト)を現地で閲覧したユーザーを計測し、 解析ツールやDMP(TreasureData)へデータを蓄積します。

– GEOPONで出来ること

  1. 店舗・イベント来場者数の計測
    (オンラインで計測のため条件がございます)
  2. DMPツールと連動したユーザー分析
  3. 広告配信セグメントへの事後活用(来場者と非来場者など)

– 仕組み

BOOTHTAGANALYTICSREPORTING

– Google AnalyticsとTreasureDataの選択が可能

GA(Google Analytics)また、TreasureDataでのご利用が可能です。

– CASE STUDY

施策イメージ

イベント会場の各ブースの専用紹介ページ(ランディングページ:LP)を用意します。
会場内のそのブース前でそのページを開いた人にだけブース専用クーポンを表示します。
それによりユーザーデータを取得し、ブース別の来場者を計測します。

GEOPONの活用ポイント

ブース別の来場者を計測する事で、WEB接触している来場者のブース特徴と通常の来場者の特徴の比較などが可能となります。また、次回イベントのマーケティング資源としての活用が可能です。
他にもイベントで貴社の商材に興味があった健在層・潜在層に向けて蓄積したデータを利用し、リターゲティング配信などでの運用広告配信設定ができます。

– 計測レポートについて

計測したデータを下記の項目で整理し納品させて頂きます。

  1. 来場者数
  2. 日別・月別
  3. ページ別
  4. 参照元メディア別
  5. OS・ブラウザ
  6. デモグラフィックデータ

– 導入までの流れ

phase01phase02phase03phase04phase05

– 注意事項

  1. 計測を行うにはユーザーに特定のウェブページへのアクセスが必須になります。
  2. 特定のウェブページは、httpsでのアクセスが可能である必要があります。
  3. 位置情報の精度は、イベント会場/店舗の電波強度の影響を受けます。
  4. 来場者数の人数により電波(回線)が混み合い、位置情報の精度に影響する場合があります。数万人規模の来場が見込まれる場合は、各キャリア等に基地局の調整を依頼する必要がある場合があります。
先頭へ戻る